Dark of silence

沈黙 は オト

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< カードゲーム用アビリティSIL | TOP | 用語解説 >>

2008.06.30 Monday

イラスト発注の手引き

トミーウォーカーのPBW(むげふぁん・銀雨)でのイラスト発注・リクエストに役立ちそうな内容を集めてみました。
システム関連で多少違うところもあるでしょうが、それを除けば一般的なイラスト発注でも通用する内容だと思います。

◇現在の内容
テンプレート集
テクニカル集

私はこうしてます、というだけですし
全てが全て通用する訳ではありません。
ただ参考にして頂いてお役にたてるならと思って書いております。

◇テンプレート集
リクや発注の際に使えそうなテンプレートです。
イラスト商品を頼む際には必要ありませんが
ブログやサイトに掲載される際は当ブログ(or記事)へのリンクか【テンプレート制作:過月彪梦】と書いて下さると嬉しいです。
()や[]は解説です。消去して御利用下さい。

→テンプレート1
*(題名)
(題名に沿った内容の解説など)

[汎用テンプレートです。これで幾つかにわけるだけでも読みやすくなります]
[*は他の記号でもいいですが半角なので文字数を抑えられます]
[他の使用出来そうな記号:◇◆☆★→▽▼△▲・@−(←全角/半角→)-]
[その他の記号だとトピックスの意味とは別に取られる可能性もあります]
[使用例:けっこうどんなキャラにでも使ってます]


→テンプレート2
[]…題名
→…解説・参照

[(題名)]
(題名に沿った内容を簡単にまとめて一言がつんと)
→(こういう感じでもいいかも、とかの補足)

[イメージががっちり決まってる場合はこれが使いやすいかもしれません]
[[]は半角にすると文字数が抑えられて便利です]
[主に解説やあったらいいなは→の項に書くようにすると伝わりやすいです]
[使用例:ガーラの男装BU]


→テンプレート3
☆は必須
◆はアレンジ可

☆(必須要素。容姿なんかはこちらがいいと思います)
◆(アレンジや有無自由要素。装飾品はこちらにするといいかもです)

●word image●
(キャラクターに合った言葉を羅列しましょう。短文程度がいいです)


[多少イメージがあるけどあとはおまかせって場合はこちらでどうぞ]
[雰囲気なんかはイメージの方に書くと組んでくれる感じがします]
[使用例:リリス・ロゥァBU]




◇テクニカル集
発注文章作成のコツみたいなものです。
初級編
中級編
上級編
高等技術編


→初級編
1、普段のRPで適当なイメージを作ろう
できたてほやほやのキャラクターだとRPも中途半端なので雰囲気も掴めません。
ある程度キャラクターが自分の中で出来てからイラストを頼むと後で後悔しません。
イラストからキャラクターを作る場合は別ですが、その場合は絵師選びを妥協しない方が良いと思います。

2、絵師ページを読みながら書こう
得意・不得意だけ読む人は多いかと思いますがそれだけが絵師ページではありません。
その絵師がどのような文章を書くのか知る事で、その絵師に読みやすい文章が書けますし
絵師の性格も分かるのでそういう情報に合わせて発注文を書くと良いです。
個人サイトがある場合はそちらを覗いて日記を参照すると身近に感じられて、更に書きやすくなると思います。
過去作品やサイト展示作品もイラスト傾向を調べられていいですね。
ただ、サイトにお邪魔する場合は無闇に書き込みなどしない方が良いように思います。
書き込みをする場合は純粋にイラストの感想などを述べましょう。

3、文章は端的に
文字数も関係してきますが、文章は分かりやすくまとめた方が読みやすいです。
〜感じ・〜のような・〜っぽいは未確定要素以外使わない方がいいです。
多少難しい言葉でも辞書を引けば出るのであれば各々調べて学習して頂ければいいだけの話ですので、できるだけ端的にまとめるようにしましょう。
ヤフーのweb辞書を使うと類語も出してくれますので使えるかと思います。
文章のトピックスに英単語を使うのも良いです。
なんなら英単語の方が文字数も少なかったりします。

4、何を伝えたいのかハッキリ書こう
自分が描いて欲しい事をしっかり主張するとイメージと違う作品になるという事は少なくなります。
例:女の子のエンジェル
[かわいい系/ピンクのリボン/お花のピン/ふわふわの服]というイメージだった場合
重要な場所は【かわいい系】と想定されます。
この場合に私が発注文を書くとすれば
[雰囲気は可愛い系
 
 ・服飾
 ピンクのリボンが全身にあしらわれている
 髪には花のピン留め
 オーガンジーのようなふわふわの服]となります。
改行やトピックスを使って主張を分かりやすくするのが良い発注文の書き方と言えます。
もし【ふわふわの服】が重要な部分なら
[オーガンジーのようなふわふわの服を着ていて可愛らしい雰囲気
 服にはピンクのリボンが沢山
 髪に花のピン留め]
と、書くと分かりやすいかと思います。

5、絵師も自分と同じ人間です
間違える事もありますし趣向、目安が違う事は普通です。
あまり厳格な事を求めてはいけません。
同じ人間として、思いやりのある態度で接しましょう。
例えば、FLには基本的に敬語を用いる方が一般的です。



→中級編
1、絵師にとって初挑戦になるものは慎重に
大きい絵が苦手な絵師もいます。(過月さんはミニマムイラストばっかりですし…
逆にアイコンだと本来の力を発揮出来ない絵師もいます。
多人数が苦手、背景が苦手と人それぞれ個性がありますので
過去納品イラスト(無限・銀雨どちらも)を見ると大抵傾向はわかるかと思います。
とにかく慎重にお願いするべきと念を押しておきます。

2、業界用語は少なくしよう
ゲーム内で一般的に使われている略語などでもゲームに参加していない絵師の場合はわかりません。
また、他の業界で使われている言葉も一般的でない限りわかりません。
発注の前に気になる単語はgoogleで検索してみるのが良いでしょう。

3、おまかせなのか書いていないだけなのか
書いていない場合は適当に書きます。と表示する絵師も増えてきましたね。
でも「おまかせ」と「書いていない」ではちょっと違うように思います。
「〜はおまかせです」と書いてあったら自分に任されている!と感じるのではないでしょうか。
書いていない場合は好きにしていい、自由要素だと感じます。
この些細な変化で大分変わってきますので注意して書きましょう。

4、FLは失礼のないように
一応「ファン」レターな訳ですからファンとして書くべきと思います。
改行の位置に注意することも大事ですが、
・どこがよくてどこが悪かったのか
・どこに期待した(期待している)か
という事を書くと今後の糧にはなるでしょう。
ただ良かった、悪かっただけ書かれても参考にはなりません。
また、一言挨拶を入れておくとまず悪い印象は持たれない筈です。
「寒さに注意して」「また機会があれば」等を最後の一文に添えてみて下さい。

5、人に優しい事は自分にも優しい事
・「時間がかかっても構いません」「ぎりぎりまで待ちます」
本当にそう思えるなら書いてあげましょう。
先述にもありましたが相手も人間です。優しさを貰って嫌がる人は居ないと思います。

・「色々書きましたが好きに描いて下さい」「楽しんで描いて下さい」
イラストを描く人は、自分の好きなものが描きたくて描いています。
なので自分の好きに描けるということは、自分の本領を発揮できるという事です。
ある程度自分のイメージとはかけ離れてもクオリティの高いものが欲しいなら、この一文は大変効力のあるものです。
ただ、イメージとは変わる場合がありますので妥協の上で御利用下さい。
相手を許す事は自分を許す事です。



→上級編
1、URL参照を有効に活用する
URLを組み込むのは一概に不可とは言われていません。
例えばある程度の説明を入れた上でURLを組み込むのなら参照できるとされています。
髪型に関して言えばウィッグやカット用サンプルのサイトもありますし、
洋服類であればカタログや販売サイトなどが役に立ちます。
但しこれらを利用する場合は『そのページに直接アクセスして表示されるか』に気を付けて下さい。
折角参照として書いても表示できないなら意味がありません。
出来ればキャッシュを消去して別窓で表示してみるのが良い方法です。

2、完全お任せの注意点
・よっぽどその絵師が好き
・何度かその絵師に頼んでいて雰囲気が合っている
と、完全お任せでもハズレはないと思います。
好きに描いて欲しい、と言われてもキャラクターを知らないので難しい。
ですからお任せ多めでもキャラの性格や雰囲気だけでも書いて頂けると良いかと思います。

3、セキュリティ・作成基準を読み直そう
最初の頃は何度も読んだセキュリティ・作成基準に関しての記述、読まなくなってませんか?
むげふぁんは幾つか分類がありますし、むげふぁんと銀雨では大きく違います。
二つの世界で遊んでいる方は何度も読み返すべき場所なのです。
流してくれたら御の字ですが「うっかり」作成されたら絵師が悪いとは一概に言えません。
自分が責められる事になるのですから絶対に間違えないように注意しましょう。
えっちなのも個人的には好きですがさすがにエロやモロは引きます。
グロも18禁制限に該当する場合があるのでやり過ぎは禁止。
個人的には好きなので流血程度にして頂けると嬉しいです。

4、重視するものは何なのか
世の中には物質重視の人間と精神重視の人間がいます。
では一体自分が描いてもらいたいイラストは
物質(構図やアイテム等)を重視しているのか精神(雰囲気や心情)が重視されているのか。
それに合った絵師を選ぶ事も大事ですし、それを明記するのも大事な事です。
例えばssを送りつけても描いてくれるツワモノ絵師もいますし、心情に9割重きを置いても想像以上の作品を描いてくれる精神系絵師もいます。
(前者:巌棺絵師 後者:佐伯士郎絵師 です。謝謝)

5、心を伝える言葉を選べ【魂で熱く語れ】
わかりやすいだけの文章でいい絵ができるかと言われればノー。
楽しそうな雰囲気なら楽しそうな文章を!
悲しい雰囲気なら悲しげな文章を!
自分の情熱(パッション)や気持ち(フィーリング)を熱く!時には冷たく伝えてそれに共感してもらう事が必要なのです。



→高等技術編
この項目は+α的な役割です。
なので通常の発注では使用しなくていいものになっています。

・2回目以降の発注の場合
雰囲気や性格が変わっていないのならば説明は必要ない事が殆どです。
心配なようでしたら「○○は以前の発注と同じです」と添えればOKです。
案外自分の描いたものの記憶は無くなり難いものです。
ただ随分時間が経っているようなら説明した方がいい時もあります。
まぁ、時間が経てばキャラも成長するでしょうから説明は必要不可欠だと思いますが。

・趣味や世界観、使う言葉の雰囲気がよく似ていて親近感や好意が湧いた場合
おめでとうございます。貴方は理想の絵師に辿り着きました。
…と言いたいところなんですが実はそれ、かりそめの姿かもしれません。
案外貴方と全く違う世界観かもしれませんし、貴方の好きなキャラが嫌いかもしれません。
同じ作品が好きだったから、というのも中々魅力的ではありますがゆっくり色々な部分を読んだり見たりしてみましょう。
それでも、この人はとっても似た価値観を持っていると自他共に認められるなら貴方は理想の絵師に辿り着いた事になります。
理想の絵師となら自分の思い描いたようなイラストをばんばん生み出せる筈ですよ。
ただもう一度言いますが、思い込みで決め付けてはいけません。
理想の絵師はそうそういませんのであしからず。


以上、イラスト発注のコツ5箇条×3+αでした。


過月さんは
発注やリクの際にはできるだけ誤解されない、読みやすく分かりやすい文章を心掛けてます。
誤解してもいい点についてはそのままの文章で、
アレンジしてもいいならその提示を、
楽しんで描いてくれるのが一番だからお好きにどうぞとお願いしています。
甲斐あって、なのかどうかはよくわかりませんが
自分のイメージと違う事や俗に言うハズレ・満足出来ない作品を頂く事は少ないです。
他のPLさんに「発注文が上手い」と言われる事もあります(お世辞かもしれませんが)

また、自分もイラストを描く事がありますので絵師のお気持ちも察する事も難しくないように思います。
文章書きとして活動もしていますので、分かりやすい文章を書く事には秀でている可能性もあります。

一応そのような現状にありますので、もしかしたら役にたてるかもと思い書いてみました。
高慢な書き方をしている点もあるかもしれませんが、そこに気持ちを込めていると理解して頂きたく思います。
皆さんのお役にたてれば幸いです。



もし発注文章を確認してもらいたいと仰る方がおりましたら
『確認して欲しい文章』と『商品名』、『希望している雰囲気・絵師等(あれば)』を
PCを確認してお手紙を送って頂くかこちらを確認してメールして下さいませ。
過月のできる限りを尽くして返答をさせて頂きます。
苦ではありませんのでお気軽にどうぞ。
2017.07.13 Thursday

スポンサーサイト


01:43 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://croiz.jugem.jp/trackback/49

トラックバック

▲top