Dark of silence

沈黙 は オト

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ディーヴァの日記帳。8 | TOP | ぱがねメモ >>

2009.02.24 Tuesday

ディーヴァの災難。3

パッフェルベルの鐘の二次創作的な小説です。
すっごいアンオフィ。
ディーヴァ関連なのでイフには全くもって関係ありません。

そして今回に限り微グロ(流血表現有り)につき、注意。
ほんとはもっとその辺のシーンの描写を深く深く長く長くしようと思ったけど
自分で書いてて気持ち悪くなるのでやめました。てへ☆


森の中を、一人のエルフが彷徨っていた。
躓きそうになりながら、あっちへうろうろこっちへうろうろ
まるで徘徊しているかのようだった。

金縁の眼鏡が光を映すのは、まだ当分先であろう夜明け前の事。

- Woods Blind me -

徘徊に相応しく、彼が彷徨う理由はなかった。
じっとしているのが嫌だった。
つまらなかった。
だから時折、森へ行ってはうろうろする。

あの街にいると、時折胸が詰まりそうになるから。
足音に気がついたオークが弓を構えている。
自分へ向けて飛んでくる矢を彼は掴んでへし折った。

今は気が荒れてるんだ。失せろ。
勝ち目が無いと感じたのか、オークは森の中へと消えて行った。
気にせず、彼はまた歩き出した。



「ねぇ、1つだけお願いがあるの」
優しげな顔をして彼の養父は言った。
「私がもし朽ち果てたなら、その果ては貴方の側にして」
死を決意した、悪魔の言葉。
遥かに永い寿命を持ちながら、何故そんな事を口走ったのか…聞けなかった。
あまりにも幸せそうな顔をしていたから。
そして、彼が朽ち果てるとしたらそこには…


「賭けをしましょう」
聖乙女は目を見つめて言った。
「この依頼で19個以上提出出来なかったら、貴方は−−−と−−−−して頂戴」
何か期待をしているなら、それはきっと間違っている。
自分はそんなもので変わったりはしない。
無論星を持つ少女でも、そして例え貴方であっても変える事はできない。
今できるのは、誰も泣かない夢を作り続ける事だけだと…言えなかった。
あまりにも幸せそうな顔をしていたから。
けれど、自分がそこへ辿り着くとしたら…



気がつけば、既に森の奥地をとうに超えていた。
道も無い。どこから来たのかも分からない程だ。
足元に茂る蔦は自然と動いている気がした。
いいや、気がするというより明確に動いていた。
少しずつ蔦が増え足場が無くなっていく。
これは…

ヴェノムアイヴィ…!
足元を浚うように蔦が蠢く。
先端は彼に近付く事もできないが、太い蔦が彼を襲う。
それでもまだ数は少なく剣で裁けるレベルだ。
足元に気を配りながら、風の有る方へ脱出を試みる。
しかし、おかしい。
風のある方へ向えば向う程蔦が増えている。
増えている…?

…集まってるのか、俺に
群がる蔦共は毒液を出すが、彼には殆ど効果がない。
とにかく脱出の確率が高い場所を探すしかなかった。
そしてそれは恐らく、木の上だった。


敵意を持つ蔦を登るのは無理と判断し、根元の方で一度切る事でそれをただの蔦として登った。
しかし、他の蔦が邪魔をしない訳が無い。
足元を引き、手に刺さり、命を狙おうとする。
必死にかいくぐりながら一本断ち、また一本断ち…
キリが無かった。
あともうちょっとで枝に手がかかるところだと言うのに。

賭けるしかなさそうだな
一言呟いて、彼は天を仰ぎぐっと踏み締めて飛んだ。
枝に足がかかるや否や、その体は一際太い蔦によって貫かれていた。

…ぐっ…がっ…
腹を貫いた蔦が悦ぶように蠢く。
ジリジリと棘が刺さるような痛みが内臓に溢れた。
正面からもう一本、首を狙うかのように蔦がやってきたところで意識は途切れた。



目が覚めると、見覚えのある場所だった。
パッフェルベルにある診療所だ。
遠くでは「調合で火傷しましたー」なんて声も聞こえてくる。
目の前にはラーレインが居た。

…昼か?
そう、もうお昼よ。あんなところで寝ているなんて行儀が悪いわ
あんなところ?
森の最深部よ。自分で寝ていたのに何を言っているのかしら?
腹部には何の異常もない。
ラーレインの様子から察するに自分はただ眠っていただけの状態で彼女に発見されたのだろう。
勿論、血の一滴も彼女は見なかった事だろう。

……目を覚まして、良かったわ。二度と目覚めないかと思ったのよ
彼女はそっと胸の上においてあった手に触れて、目を伏せた。
貴女をおいて逝ったりする訳ないじゃないですか
何でもない筈の胸がチクリと痛んだ。
それ以上何も語らず、何も求めず…
二人はただ昼下がりの診療所で眠った。



===================================

現状のまとめ的な話。
というか、少しずつディーヴァも変わってるし
その変化の為に周りの人達も変わり始めている感じです。
各々願いがあって、その願いを叶える為に行動しています。
そんなお話。

ディーヴァが無事な理由は色々あるんですが、
まぁ今は必要ないかな。
ラーレインさんのノルマーは現在消化中。
どうなることやら。
2017.07.25 Tuesday

スポンサーサイト


00:49 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://croiz.jugem.jp/trackback/145

トラックバック

▲top