Dark of silence

沈黙 は オト

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ディーヴァさんに幾つかの質問。 | TOP | 占いについて >>

2009.02.14 Saturday

二人の関係性にいくつかの質問:回答例

自作の質問に回答してみる。
回答するのはシキとルキ。
翼者コンビでいってみよー


 二人の関係性にいくつかの質問

O、二人の関係性はどのようなものでしょうか
屍姫:…必要
ルキ:ソレじゃなくて、トモダチとかー
屍姫:仲間
ルキ:(こんな調子でやっていくのか…)

・お名前と性別を教えて下さい。
屍姫:棘路屍姫、女だ。
ルキ:Rukifil=Silvestaだヨー。オトコノコー

・相手を何と呼んでいますか?
屍姫:…黒翼?
ルキ:や、ルキって呼んでたヨ?
屍姫:…そうか
ルキ:シキはシキだよネー

・相手の事はどのように思っていますか?
屍姫:良き理解者だ
ルキ:んんー…クセモノだけど優しいヨネ
屍姫:…?

・どのような経過で今の関係になりましたか?
ルキ:どっかで会った
屍姫:それは誰にでも分かる
ルキ:で、シキはツンツンしてた
屍姫:ツンツンはしていない。これが普通だ
ルキ:今よりだヨ
屍姫:そうか?
ルキ:Yes んで、色々有ったケド普通に仲良くなって今に至るカンジ
屍姫:そうだな

・相手のファーストインプレッションは?
ルキ:こえー!チョー黙ってるー!?ミタイな
屍姫:そんなに怖かったか?
ルキ:怖かったヨー
屍姫:ふむ。 私は印象などない。覚えていない
ルキ:すぐそれだー

・普段、一緒にいる時はどのように過ごしますか?
屍姫:普通に過ごす
ルキ:フツー?
屍姫:基本的に別々な行動をする
ルキ:ああ、うん。そのフツーか。

・二人の関係はどのくらいの距離だと表現しますか?
屍姫:グラウンドの端と端くらい
ルキ:………シキにとってそれは狭めナノ?
屍姫:…狭くないのか?
ルキ:俺はそこそこ狭いケド…
屍姫:その位だ

・二人の間の約束・暗黙の了解は?
屍姫:あるのか?
ルキ:わかぁんナイ。
屍姫:あっても分からないな

・二人に共通する事の代表的なものを挙げて下さい
ルキ:能力者ってコトー?
屍姫:見えぬ翼。これが一番だろう
ルキ:エー、だって皆見えないヨ?
屍姫:関係ない

・二人が正反対な事の代表的なものを挙げて下さい
屍姫:性格
ルキ:エート、そうカモしんないケドー
屍姫:他を考えろと言われても思いつかない
ルキ:ヒドイなぁ…

・相手の良いところは?
ルキ:結構ヤサシイとこ
屍姫:ルキの良い……まぁ、しっかりした人間だな
ルキ:言い回しが微妙ダヨー?

・相手の悪いところは?
ルキ:殆ど無表情
屍姫:…頭が悪い
ルキ:シキに比べたらネ!

・相手のどこが好きですか?
ルキ:えー、んー、こう、ちょっとファンシーなとこ?
屍姫:どこがだ?
ルキ:付き合ってると分かるカラ、お父さんとかに聞いてミテヨ
屍姫:…そうか。 …好き…な
ルキ:わかんないトカ無しネー?
屍姫:大丈夫だ。それは分かる
ルキ:……うん、そっか
屍姫:正義感が強いところだな
ルキ:おお!?ソウくるカ!

・相手のどこが嫌いですか?
ルキ:何も考えて無いトコロー
屍姫:考えてはいる
ルキ:じゃー常識無いトコロー
屍姫:それは否定できない
ルキ:ちゃんとしてネー?
屍姫:前向きに検討する。 …お前は人の話を聞かない
ルキ:んー、マァ、半々くらいで聞いてるしネー?

・相手の曝露話を一つ
ルキ:シキはとり肉が食べられナイっ
屍姫:ああ
ルキ:…あれ?
屍姫:ルキも苦手だったな
ルキ:…うん…

・相手にこんな事を言わせたい
ルキ:おかえりなさいませ御主人様っ(はぁと)
屍姫:最後のはーとまでか
ルキ:うん。想像出来なくて
屍姫:………無理だな(うんうん)
ルキ:あははv
屍姫:ルキに言わせたい事は別にない
ルキ:マァ、なんでも勝手に言うし?

・相手にこんな事をしたい
ルキ:ネコミミを付けたい
屍姫:さっきから何故萌え系に走る
ルキ:萌え萌えシキって想像出来ナイんだもん
屍姫:当たり前だ
ルキ:でもこのツンツンに萌えるヒトもいるみたいだヨネー
屍姫:そうか
ルキ:(そうかって他人事かよ!)
屍姫:ルキには…寝ている間に顔に落書きをしたい
ルキ:ナニ描くの?
屍姫:ひげ
ルキ:(大胆なチョイスだ…)

・相手にこんな事をさせたい
ルキ:…花嫁姿は見たいナァ…
屍姫:ん?んー…ああ、なるほど。呼ぶ。呼ぶぞ。安心しろ
ルキ:わーい
屍姫:ルキにはスポーツをして欲しい
ルキ:なんで?
屍姫:似合う
ルキ:それ…ダケか!


[もしもシリーズ]
・もし相手の性別が今と逆だったら
屍姫:あまり変わらない
ルキ:それ、そっくりそのまま返してアゲル

・もし相手の性格が今と逆だったら
屍姫:……妙だ
ルキ:そうだけど、もっと気の利いた答えはナイのー?
屍姫:考える
ルキ:Oui. んー…シキは相当かわいいだろうナー
屍姫:ん、かっこつけじゃないルキはルキじゃない
ルキ:(見てる人に)伝わらナイと思うヨー?

・もし相手と立場が逆だったら
ルキ:……うつだしのう
屍姫:…?
ルキ:イヤ、どうぞ。
屍姫:余り変わらないな
ルキ:あ、そ…

・もし相手と体型が逆だったら
屍姫:逆?
ルキ:まっちょなシキ?
屍姫:それはそれでいい
ルキ:…しなやかな俺?
屍姫:ん…
ルキ:それはそれでイイカモ…

・もし今とは違う関係になるなら
屍姫:…ともだち
ルキ:んもう、ともだちっしょ?
屍姫:わからない
ルキ:もー!
屍姫:お前は?
ルキ:え?んーと…相棒とか?
屍姫:…それもいいかもな

・もし相手にキスするなら
ルキ:ほっぺ
屍姫:…するなよ
ルキ:シナイヨ。ヒトのだもん
屍姫:………
ルキ:それに俺好きなヒトいるしー
屍姫:…キス…
ルキ:あれ?
屍姫:そういえばしたことがない
ルキ:うそー!

・もし二人だけで遊びに行くなら
屍姫:二人だけ…?
ルキ:コメディ映画とか見たいナァ
屍姫:笑わせるつもりだな
ルキ:だって笑うとカワイイから
屍姫:…そうか?
ルキ:そうダヨー。カワイイヨー。
屍姫:二人だと500m競争とかしそうだな
ルキ:それはアソビかなぁ…?

・もし相手にプレゼントをあげるなら
ルキ:じゃじゃーん。婚約届けー
屍姫:気が早い!
ルキ:もし、だもん♪
屍姫:まったく、からかうなよ…
ルキ:うふふー
屍姫:ルキにはそうだな、新しい装飾品か?
ルキ:かってかってー
屍姫:もし!だ!

・もし二人で一つの夢を叶えるなら
屍姫:叶えている途中かもしれないな
ルキ:そう言われればそうカモ?

・相手は自分をどのくらい理解してくれていると思いますか
屍姫:けっこう
ルキ:どんくらい?
屍姫:結構は結構だ
ルキ:シキぃ、もっと掘り下げようヨー
屍姫:掘りさげ方がわからない
ルキ:(だめだ!?)うー…シキは俺の事よく分かってると思うヨ
屍姫:分かるが、意味は分からない
ルキ:あうっ

・この関係に対して欲求・願望などはありますか?
屍姫:できればこれからも続くといいが…
ルキ:続けるさ
屍姫:…そうだな
ルキ:ねー♪

F、相手に一言
屍姫:どうぞ、これからもよろしく。
ルキ:カタクルシイなー。なかよくイコウねv


==========================

一応全部答えてみましたが
面白いのか全くわからないコンビにしたが為変な感じに。
ええと、もっと面白い回答方法とかあるので
がんばってください(ばたんきゅー)


090506追記:度々シキさんの嫁ネタが出てますが
同居中のお付きの方と婚約中だったりします。
むしろ夫の方が変な人なのでシキをはなしたくない様子。
だきゅーっとされてシキが無反応とか面白い光景になっております。


という訳でおまけ

屍姫:時間が出来たので連れてきた
ルキ:わードウモ。シキがお世話になってマス
??:いえいえ、こちらこそ
ルキ:シキにはこのalbumを貸したげるヨ
屍姫:興味深いな。有難う
ルキ:で、ぶっちゃけドコが良かったんデスカ?
??:全部かな。可愛いんだよ屍姫
ルキ:デアイは?
??:お義父さんから付き人になってくれと頼まれた時だね
ルキ:それはイツ頃ですカ?
??:5年くらい前じゃなかったかな?
ルキ:………あれ?でもシキってあっちこっち飛回ってたヨウナ?
??:だからちゃんと家に帰って来たのは最近になってから
   まぁ、最近も仕事であっちこっちに行ってるけどね
ルキ:シキから聞いたんだけど、すごくヘンタイってホント?
??:いや…そんなに変態じゃ…
屍姫:いいや、変態だ
??:どこがだい?
屍姫:…今は多少まともになったな
??:ふふふ、ならいいんだけど
ルキ:…(なんとなく分かった気がする…)

 潮:ルキさんこんにち
ルキ:およ?タイドじゃん。やっほー♪
 潮:おじゃまでした?
ルキ:そんなコトナイよ?
 潮:お客さまがいらっしゃってるんじゃ…
??:ああ、僕ならこれの連れだから
屍姫:ルキ、有難う
ルキ:うん
 潮:………屍姫さんの連れ?
シキ:…?ああ、タイドか。久しぶりだな
??:僕の事は無視かい?
屍姫:何がだ?
ルキ:ほり、てぃーどに説明しないと
屍姫:…ああ、なるほど。これが私の婚約者だ。不躾な変態野郎だがよろしく頼む
??:それは酷いなぁ
 潮:わ…そうだったんですか。式には是非呼んで下さいね
屍姫:ああ、構わない。家柄堅苦しい式になると思うが…
??:ならないよ
屍姫:どういう事だ?
??:お義父さんが是非ここで、と(ウェディング雑誌を捲り洋風の場所を指し)
屍姫:………つ、つまり…
ルキ:ウェディングドレスはドレにするのー?
??:僕はこういう派手なのが好きだけど
ルキ:あー!うんうん!似合うっ
屍姫:嫌だ!ドレスなんて似合わない!
ルキ:もしかして、胸を気にシテル?
??:気にならないようなのを選ぶから安心し給え
屍姫:ち、ちが…(ふるふる)
 潮:…(お茶でもいれておこう)
ルキ:エー?じゃあ何がヤなの?
屍姫:私はコイツにドレス姿を見られるのがっ
??:あんなに可愛いのに
屍姫:(たじろぎ)
ルキ:(おー、シキが押されてる)
??:似合う服を着れば洋服だってちゃんと似合うんだし、大丈夫だよ
屍姫:に、にあわな
??:似合ってたよ、とても
屍姫:ば!ばか!もういい!(出て行こうとする)
??:(引き止めて抱き締め)はいはい、落ち着いて。ここひとんちだしね?
屍姫:! 放せ!離れろ!切るぞ!
ルキ:リュウケツコーイハオヤメクダサイ
屍姫:う…
 潮:お茶にしませんか?お菓子買ってきたんですけど
ルキ:おー、気が利くネ♪
 潮:照れます
??:って事だから一緒に食べよう?
屍姫:わ…わかった……


乙女モード屍姫がめっさ可愛いんですけど!(オチツケ
2017.07.25 Tuesday

スポンサーサイト


00:36 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://croiz.jugem.jp/trackback/141

トラックバック

▲top